臨床栄養食を検討する Skip to main content

臨床栄養食

高齢の方々や疾病に罹患した患者さんにも、楽しく無理なく栄養を摂取して欲しいもの。イングレディオンの技術によって進化したでん粉をとろみ剤に使用して、嚥下障害患者の食べる・飲むをより快適に、また介護者の業務を軽減することが可能です。

またイングレディオンの嚥下障害食用増粘剤は、でん粉とガム類の長所を組み合わせることで、対象の温度帯を問わず、どんな液体にもとろみをつけることができます。介護者にとっても使用方法は簡単、またとろみをつけた飲料・食品は、経時的にも安定しています。

高齢者や乳幼児を含め、健康に何らかの問題を抱えた人たちに向けた食品のニーズが高まる中、イングレディオンは原料科学の対象エリアを臨床栄養の領域にまで拡大し、新たな解決策を見出そうと取り組んでいます。イングレディオンの技術開発拠点アイデア・ラボ (Idea Labs™ Innovation Centres)で、次世代の臨床栄養食品を検討しませんか?

栄養強化を考える

乳幼児、高齢者の栄養食にはイングレディオンの素材を。

To top