Skip to main content

高機能バイオポリマー

合成系素材から天然素材へのシフトというトレンドは、食品や製造工程のみならず包装材料や建築資材まで、あらゆる製品の「あるべき姿」を求めるものです。イングレディオンはこのトレンドを重視、技術開発拠点アイデア・ラボ (Ingredion Idea Labs™ Innovation Centers) の国際的なネットワークを活用しながら、多彩な高機能製品を開発し、石油系合成素材から植物由来の素材への置き換えを提案しています。

アイデア・ラボにおいてお客様は、イングレディオンの技術により加工処理された、トウモロコシ、タピオカ、ジャガイモなどを由来原料とした、でん粉素材によるソリューションを見つけていただくことができます。またイングレディオンの専門家が、消費者やマーケティングの立場から、お客様の企画立案から新製品発売までのプロセス中で必要となる様々なサポートを致します。

イングレディオンはまた、将来に向けた応用研究の中で、既存及び新規の原材料の性能改善と新分野向けのソリューションの開発にも力を注いでいます。イングレディオンは、バイオポリマーが持つ様々な力を、お客様の産業でお使い頂ける様、最善を尽くしたいと考えています。イングレディオンと共に、革新に取り組みましょう。

イングレディオンの機能性バイオポリマーを使用することで、最終製品の重要な性能を維持または改善しながらも、「天然由来原料の比率が高く合成添加剤が低い製品」を望む消費者の需要を満たすことができます。

プラスチック業界においては、イングレディオンのサステナブルな機能性バイオポリマーBENEFORM™を、耐久/半耐久/生分解性プラスチック製品にお使い頂けます。BENEFORM™で作られたプラスチックは、品質を損なうことなく再生産可能性を改善し、またプラスチック生産工程での水を低減することができます。またお客様が既にお持ちの設備で、容易に加工処理することも可能です。

食品包装業界においてイングレディオンの機能性バイオポリマーBENEFORMTMを使用することで、高い透明度と強力なガスバリア機能を備えた、高強度な生分解性フィルムの生産が可能になります。こうした製品により、肉及びチーズの鮮度は従来よりも15~20%長持ちし、製品廃棄物の量、人件費、廃棄物処理費をそれぞれ抑制でき、最終的にコストを削減に大きく貢献します。

このほかイングレディオンはパーソナルケア製品の領域で、合成化学品から天然素材ベースに置き換えることで、消費者にナチュラルをアピールする提案を行っています。同時にバイオポリマーを使用し、香りが持続するクリーミーな石鹸の提案も行っています。

さらに植物由来の抽出物を使用すれば、シャンプーに光沢と滑らかさを追加できます。また合成化学物質を天然由来の原料に置き換えれば、粘性が高く分散の良いコンディショナーを製造することができます。

医薬品からパーソナルケア製品に至るまで、イングレディオンの乳化剤及び粉末化剤は、さまざまな貯蔵条件下で、お客様の製品の消費期限を長くすることができます。

革新的なバイオポリマー

イングレディオンの天然由来のバイオマテリアル

To top