Skip to main content

食感改良でトレンドに対応する

イングレディオンは、食感改良とは食品及び飲料を鮮烈に記憶に焼きつけるための手段であり、消費者から常に期待されているものだと考えています。食感の良し悪しの判断は、味と同様食べる・飲むという個々の過去の食経験に影響されるものであり、メーカーにとってはイノベーションの大きな課題になっています。 

イングレディオンの技術開発拠点アイデア・ラボ (Ingredion Idea Labs™ Innovation Centers) では、食感改良の専門家が、消費者の進化する好みに合わせた革新的な噛みごたえ、口当たり、クリーミーさ、など五感で感じる食感を研究し、顧客を支援しています。イングレディオンはまた、お客様の食感改良伴う製造工程の最適化もサポートしています。 

 

ベーカリー製品、乳製品、スナック、セイボリー製品、麺類・・・イングレディオンは食感改良の将来を形づくるために、お客様と協働します。個々ではチーズとスナックの例を取り上げます。

チーズの食感を改良する

チーズは、アジア諸国の多くの地域で急成長している分野であり、コストアップの対策が大きな関心事になっています。イングレディオンは新しいチーズソリューションを最適化するために複数の能力を統合し、消費者動向の分析と予測、、製品応用技術、アプリケーション開発、シェフの味の導入、製造工程改善及び規模拡大の課題などの課題解決に向けてサポートします。

新しい食感のスナックを創造する

どの国の消費者も、スナックを食べることが大好きです。柔らかくて繊細なサクサクした食感のものから、パリパリまたはバリバリした食感のものまで、様々です。また半数以上の消費者(51%)が、1日に少なくとも2回はスナックを食べるとも報告されています。 さらに消費者の3分の1以上が、2年前よりも頻繁にスナックを食べるようになったと述べています。しかしながら消費者が食べるスナックも変わりつつあります。例えば塩味のスナックでは、1つの製品で異なるレベルの歯ごたえが欲しいなど 、消費者は、さまざまな食感改良を求めています。イングレディオンは、こんな市場の状況を細かく分析、最も望まれる食感を提案します。

イングレディオンは独自の市場情報とテクノロジーで、お客様を全力でサポートします。

[1] The Snacking Occasion consumer Trend Report, Technomic, Inc., 2014
[2] Voice of the Consumer: Texture and Salty Snacks, conducted by The Cornell Group for Ingredion, March 2014

 

 

 

 

 

バッターの食感を改良する

イングレディオンの幅広い素材を使って、目指す食感を実現してください。

To top