Skip to main content

イングレディオン・ジャパンは

IFIA JAPAN 2017に出展します 

 

IFIA JAPAN 2017 : 第22回 国際食品素材/添加物展・会議

会期:2017年5月24~26日 10:00~17:00 会場:東京ビッグサイト 

 

本年もイングレディオンはIFIAに出展します。

今年は題して 「イングレディオン・ジャパンのユニークな機能性でん粉」。弊社の注力する機能性の高いでん粉・加工でん粉を、いくつかのテーマに分けてご紹介いたします。同時に、イングレディオン製品の主要製造の拠点についてもパネル展示を行うほか、レジスタントスターチについては3回の企業プレゼンテーションを予定しています。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

今回は新製品を含む4種類のレジスタントスターチ製品を、機能性表示食品や低糖質食品などの用途に応じたデータやアプリケーションでご提案致します。  

「ハイメイズ™1043」(コーン由来):「空腹時血糖値正常化」や「食後血糖値上昇抑制」等の機能性表示対応製品  

「ノベロース™3490」(タピオカ由来):  高い食物繊維含量で低糖質食品に適した製品  

「バーサファイブ™1490」(ポテト由来):  高い食物繊維含量に加えてポテト特有なスムースな食感をつくりだす新製品  

「ノべロース™W(小麦由来): 小麦粉製品との相性に優れた製品 

また展示会場内「腸内改善ゾーン」でも「ハイメイズ™1043」のパネル展示を行います。 

でん粉は粘度付与の機能のほかに、食感付与・食感改良の効果があります。でん粉で実現できる食感改良をテクスチャーマップで、全体像を応用例とともにご紹介いたします。

また、もちっとした食感と伸びる物性を付与するタピオカ加工でん粉「ナショナル™ 78-0510」、繊維状・果肉状の食感を付与するユニークな加工でん粉「テクステイド™A」の機能性を、試食品とともに実感していただけます。


小麦加工品に広く使用されるアルファ化でん粉について、その選び方と効果を「しっとり感保持」「扱いやすさアップ」「食感付与」の3点からご提案致します。

「しっとり感保持」にはコストメリットも期待できる新製品「クイックテックス™3771(タピオカ由来)」を、「扱いやすさアップ」にはべたつく生地に加えることで生地をまとめる効果のある「ナショナル™104(タピオカ由来)」を、また「食感付与」については6つの食感を表すキーワード(もち感、カリカリ感など)とともに実際のアプリケーション例で紹介いたします。

 

 

 

イングレディオンはでん粉製品を世界中の自社工場で製造し販売しています。特にタイには4つの工場を構え、タピオカ、コメを中心に、原料調達から、製造、出荷までを自社で一貫管理しています。今回はこのタイ工場の概要を、パネル展示にてご案内いたします。

下記2題を、以下の日程/場所におきまして実施いたします。
是非お立ち寄りください。

○演題「糖質30%オフでもおいしさそのまま!ロカボフードをレジスタントスターチで」

5月25日(木) 11:20~11:35 プレゼンテーションルーム2 演者:斎藤 貴裕
5月26日(金) 11:45~12:00 プレゼンテーションルーム2 演者:齋藤 貴裕

○演題「機能性表示初!24時間血糖値管理をレジスタントスターチで」

5月26日(金) 14:40~15:00 企画セミナー会場 (腸内改善ゾーンそば) 演者:宮原 一大
 

To top