五感を魅了する Skip to main content

五感に訴えるこれまでにない食品作り

食感は食品が消費者に受け入れられるかどうかを左右する決定的な要素であり、食感に魅力がなければ、製品は拒絶されてしまうかもしれません。

食品のおいしさを感じる要素には、口腔内で認識される香り、味、食感が含まれます。これらは消費者が繰り返し購入してくれるかどうかを決定する最も重要な要素であり、特に食感はその製品のおいしさに大きな貢献をします。食感は味覚認識を豊かにすものであり、食感がなければ平坦でがつまらないものになってしまうのです。

イングレディオンは単に官能的数値を測定しそれを最適化するのではなく、数値を消費者の実際の感覚に即した尺度に変換し、それをもとに食べる喜びを表す新たな製品処方を提案します。イングレディオンはお客様と共同でこの作業を行い、お客様がトレンドの仕掛け人になるサポートをします。

イングレディオンでは、官能的に優れた製品をお客様と共同で開発する中で、まず既存品と競合品の比較官能試験を行います。この官能試験は厳密な官能テストと記述的分析によって、正確なプロファイリングをおこなうもの。官能試験はアロマ、フレーバー、口どけ、のど越しなど、対象となる製品によって変わります。厳しくトレーニングされたパネラーは、共通の官能評価体系と評価用語を熟知、お客様の製品の官能プロファイルを定義し、対象区とのプロファイルの違いを正確に区別し、新たに導入すべき製品のプロファイルを検討していきます。

また、レストランの風味と食感のトレンドを加工食品に落とし込む場合にも、イングレディオンはは、まず名物料理をシェフが再現し、そこからから加工食品に落とし込む作業を行います。イングレディオンでは専任シェフがこの仕事をしています。なお本サービスは、アジアでは中国、シンガポールで行っています。

イングレディオンはお客様がこれまでよりも低コストで、ユニークな官能プロファイルの製品を開発するサポートをします。たとえばプロセスチーズやイミテーションチーズの分野において、チーズの物性に求められる要素(たとえば硬度、せん断性、伸展性など)を低コストの素材を駆使してで再現する技術サポートを行います。

イングレディオンのの卓越した食感再生技術、幅広い種類の原料、コスト削減プログラムによって、新しい食感の製品をリーズナブルなコストで実現できる様になります。お客様の製品の官能的プロファイルを明確化し、そこをスタート点に、新たに消費者に訴求する優れたプロファイルの食品や日用品を作りませんか?

イングレディオンがサポートします。

五感に訴える

五感に訴える食品を創造しませんか?

To top